よくあるご質問

ご焼香回数について

A.

焼香の回数は、宗派によって異なります。真言宗は三回、曹洞宗・浄土真宗大谷派(お東)は二回、臨濟宗・浄土真宗本願寺派(お西)は一回、浄土宗は一~三回、日蓮正宗は三回といわれています。(詳しくは、菩提寺、お導師様の指導に従ってください。)
宗派
焼香の回数
線香
天台宗
1.3回
1~3本 立てる
真言宗
3回
3本 立てる
浄土宗
1~3回
1~3本 立てる
浄土真宗本願寺派
1回
横にする
浄土真宗大谷派
2回
横にする
臨濟宗
1回
1本 立てる
曹洞宗
2回
1本 立てる
日蓮宗
1.3回
1~3本 立てる
日蓮正宗
3回
1~3本 横にする

祖母が危篤となりました。一緒に暮らしていないので、連絡先など不明です。どうしたらいいでしょうか。

A.

近親者などは、喪主、または家族が、直接、お知らせしていただきたいと思います。ご一緒に暮らしておられなければ、友人、知人のご連絡がとまどうものでありますが、住所録、年賀状、等をあらかじめ調べておく。または隣近所のお付き合いのある方に、普段のお付き合いを確かめ、できれば、その方からお知らせいただいてはいかがでしょうか。とくに、急なご逝去の場合、連絡に手間の掛かるものですし、ご家庭の一本の電話が常にふさがる状態を避けるように、掛けた相手の方から、次の方への連絡をお願いすることも、失礼ではありません。

葬儀一切の費用の項目は、どのようになっていますか。

A.

葬儀費用を項目別に分けますと次の通りです。

  • 祭壇料(生花含む)
  • お棺、ドライアイス、供物等の諸経費
  • 院号料(戒名・法名)、お布施
  • 食事、飲料、つまみ、お茶、料理、引出物
  • 香典返し、礼状ハガキ、引伸写真、看板等
  • 霊柩車代、火葬場での費用、式場費、葬儀委員のお礼
  • その他の雑費

手続きで、死亡診断書を病院からいただきました。これをどうすればいいのですか。

A.

ただちに、市役所(区役所)に届け、火葬許可書をいただきます。これがありませんと、火葬できませんので必ず役所からいただき、紛失しないように喪主自らお持ちいただくか、葬儀役員、葬儀社に預けてください。死亡診断書は、通常一通しか発行してくれませんが、保険の手続きなどのために、もう一通有りますと、何かと便利です。(有料)また、火葬後にいただく埋葬許可証は、墓地への納骨に欠かすことができません。骨箱と一緒に、大事に保管しておいてください。

枕飾り、神棚、仏壇の扱いなどは、どうすればいいのでしょうか。

A.

葬儀社の担当係がすべて行います。ただ神棚は、白紙で封じますので、半紙を用意してください。

若夫婦の世帯であり、代々の宗教宗派がわかりません。もちろん菩提寺なども不明ですが、どうしたものでしょうか。

A.

ご親戚などにお問い合わせいただくのが一番ですし、できれば、菩提寺も判るにこしたことはありません。しかし、無宗教のご葬儀もないことではありませんし、宗教宗派が判れば、葬儀社との付き合いの中で、お寺さまをご紹介することもできます。ご相談ください。

Q.お香典の目安は、いくらくらいでしょうか。

A.

以下に参考の表を載せますので、ご参考にしてください。
故人との関係
贈る側
親類
祖父母
1万円~3万円
両親
2万円~10万円
兄弟・姉妹
1万円~3万円
おじ・おば
1万円~2万円
その他
5千円~1万円
会社
上司
5千円~1万円
同僚・部下
3千円~1万円
会社の家族の方
3千円~1万円
その他
友人・知人
5千円
お世話になった人
3千円~1万円
隣人等
3千円~5千円