福利共済

ふれあう心と 永遠の歩み

ごあいさつ

この度、登録会員制、福利共済制度をご理解いただきたく、ご案内申し上げます。

押しせまる高齢化社会への対応、高齢者、障害者、青少年育成等福祉社会の充実と向上を求められるところであり、地域社会と福祉社会の一端のお手伝いができ、誰かのために何かが寄与することが出来ましたなら、この上ないよろこびであり、当制度の念願している目的とするところであります。

今後共、会員はもとより関係各位の絶大なるご支援とご協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。

福利共済 理事長 小澤貞彦

「福利共済」の設立まで

ボランティア、地域活動でバスを利用する場合、一般営業バスを利用すると1回につき約10万円程度かかるそうです。

↓
これでは、積極的な活動は無理・・・。ここで考えました!
活動をする皆様の負担を少しでも軽く出来ないだろうか?地域の皆様のお役に立てないものだろうか?
  • 設立↓こんな思いから「福利共済」は設立され バスを導入しました
  • 実現↓こんな思いから「福利共済」は設立されバスを導入しました

「福利共済」の設立まで

福利共済は、ボランティア活動でのバス使用許可を国土交通省北海道運輸局札幌支局より許可された北海道唯一の団体です。

↓
福利共済のあゆみ
平成3年4月
福利共済設立(ボランティア団体)
平成5年4月
中型バス(40名)導入運行
※ボランティア団体の移動手段として地域に貢献
平成7年4月
中型バス(45名)導入運行
※登録会員及び利用団体の増加に伴い増車
平成19年末月
※登録会員世帯数1万世帯弱
共済バス利用団体180余団体
ぜひ、知っておいて下さい

※登録会員制度は、会員の福利厚生の一環として、研修・親睦旅行等、団体での共済バスのご利用もできます。

※各種提携店を特別割引でご利用頂けます。

※スポンサー(公芸社)において、葬儀施行の場合、特別会員割引制度をご利用できます。